会社案内

ご挨拶

代表挨拶


コアフューテック株式会社
代表取締役  松本 正己
2019年10月3日付けで、社名を「株式会社エリントシステム」から「コアフューテック株式会社」に変更いたします。
2016年12月に、有限会社リアットと株式会社エリントシステムとを融合して業務を遂行してまいりましたが、2つの会社のコアの融合(Fusion)と、社員一人ひとりにあるコアの融合(Fusion)、そして未来へ向かう(Future)の意味を重ねています。

そしてITを駆使したテクノロジの会社という意味で、「コアフューテック」と致しました。
私たちの特徴は、ソフトウエアの第三者評価の確かな実績と技術力。
開発においては組み込み系を中心に、OSに近いところでの開発実績。
セキュリティ製品のテスト実績や、ビッグデータを扱うソリューション事業への展開などの、今期待される技術分野への対応等です。

JSTQBという、ソフトウエアの品質の基準となる資格を社員の多くが取得し、現在はJSTQBのゴールドパートナーにも認定されています(2019年9月現在11社)

今後益々高齢化する社会に対応できるIT製品の開発も行い、画像解析技術を駆使した非接触離床起床センサーの「e伝之介くん」の販売もしています。

1983年創業から長きに渡り、ソフトウエアの大切な部分に携わって来ましたが、さらに技術を高め、より必要とされる会社になるべく、社員一同業務に邁進してまいります。

取締役挨拶


コアフューテック株式会社
取締役  長坂 厚
これまでソフトウェアというジャンルで、お客様と共に歩んでまいりました。
少しずつ成長し、今会社として多くの信頼をいただけるようになりました。

この社会で一番大切な事、私は「自立と共存」だと思っています。
これは会社という組織にもあてはまるように思います。
2016年12月の2社の合体は「自立と共存」の大きな機会でもあると考え、決断いたしました。

ソフトウェアテストと開発という、少々業種の異なる会社が合体し、共同経営で歩んで行くという形はまさに、技術の確立(自立)した組織の共存と言えるのではないでしょうか。

そして2019年10月、「コアフューテック株式会社」と社名を変え、新たなスタートをきることとなりましたが、この社名の中にも「Core・Fusion・Future・Technology」とともに「自立(コア技術)」「共存(フュージョン)」という思いを込めています。

個(自分)をしっかり持って初めて、他を認めることが出来る。
それぞれが自信となる技術を持って初めて、お互いを認め、高め合うことが出来るのではないかと思っています。

コアフューテックはコアとなる技術を磨き、それら1つ1つが単に拡大するだけでなく相互にリンクし、時には融合し、それぞれを高め合う形で、柔軟で強みのある会社を目指して行きます。

より一層、信頼を得られるようチャレンジを続けて行きますのでこれからのコアフューテックをどうかよろしくお願い致します。


to top